抜け毛に悩み始めたら、できるだけ早くケアを始めなければなりません。
遅れれば遅れるほど回復に時間がかかってしまいますし、十分な回復が期待できなくなるケースもあります。
女性の発毛にも大きな効果を発揮するといわれている治療法にHARG療法があり、治療を受ければ髪の毛が生えていたころの状態と頭皮ごと再現することができます。
自然な働きだけで発毛が続くような方法ですので、根本的な解決になります。

髪の毛が生えなくなってしまった場合でも回復させることができるのがHARG療法です。
抜け毛が増えたと感じたりボリュームがなくなってきたと感じる段階では、まだ毛根部分は死滅していなくて活動を休止しているような状態です。
つまり、発毛させる働きはまだ失われたわけではありません。
そこで成長因子を注入するHARG療法を行うと、毛母細胞が刺激を受けて活動は再び活性化されます。
また、髪の毛に栄養を補給する働きを持つ部分も刺激されますので、毛母細胞に栄養を届ける働きもスムーズになります。

HARG療法の詳細を見ていくと、メソカクテルとAAPEを加えたHARGカクテルを投与していきます。
メソカクテルとは血管拡張薬・ビタミンB・コエンザイムQ10などを含む薬剤であり、メソセラピーとして用いられてきました。
メソカクテルだけでも抜け毛を減らしたり髪質を改善するのに効果を発揮しますが、それを更にパワーアップさせたのがHARG療法です。

AAPEとは健康な成人女性から採取された脂肪幹細胞を培養、増殖させたものであり、様々な成長因子を含んだタンパク質です。
その成長因子が髪の毛を再び成長期へと促し、髪の毛を育てる働きも強化されます。
このように再生治療である幹細胞に着目して髪の毛の悩みを解消してくれる方法ですので、それまでの治療法と比べると少ない回数で大きな効果が期待できます。
メソカクテルだけでも1回から3回という少ない回数で効果を現れるといわれています。

HARG療法の発毛確率は高い

HARG療法の特筆すべき点は、発毛率がとても高いということです。
女性の場合なら、99%の発毛率が期待できるといわれる程ですので、少し進行してしまっても回復できるのではないかと期待が高まります。
毛髪における再生治療は効果だけでなく安全性にも優れており、治療を受ける人の満足度は非常に高くなっています。

HARG療法で使われている成長因子は、脂肪幹細胞を培養してそこから取り出されたたんぱく質をろ過して使用しています。
髪の毛を再生させるために作られたAAPEと成長を促したり再活性化させるために必要なビタミン類やタンパク質、アミノ酸などが含まれているメソカクテルを混ぜ合わせて作られたHARGカクテルを、頭皮の気になる部分に注入します。
成長因子の中でも注目したいのがKGFであり、髪の毛を構成するタンパク質の一種であるケラチンを作り出すために毛母細胞に刺激を与える働きを持ちます。

治療を受けたら適切なメンテナンスやアフターフォローを受けることが推奨されています。
HARG療法自体はしっかりと行うと効果が数年間持続されるといわれていますが、アフターフォローを行ってしまうと効果が小さくなってしまう可能性があります。
一般的には3カ月から半年に一回程度の割合で治療を受けていくことが最善の方法です。
中には、治療が1クール終わった後に無料で診察をしてくれるところもあります。

HARG療法は再生治療によって髪の毛の成長をサポートしたり発毛を促すような方法ですので、男性ホルモンの働きを阻害するような薬は一切使用されません。
ですから、女性でも安心して利用できる治療法となっており、実際に多くの女性がこの治療法で改善させています。