髪を美しく保つためには、普段からのヘアケアが重要になってきます。
しかし人によって髪質やヘアダメージの度合いが異なるため、自分の髪の状態に合っているシャンプーの種類を使い分けすることが重要になってきます。

市販されている女性向けのシャンプーは大きく分けて3種類あり、高級アルコール系タイプと石鹸タイプ、アミノ酸系タイプです。

高級アルコール系タイプ
主にドラッグストアなどで販売されている比較的安価なシャンプーに分類され、高級アルコール系界面活性剤が配合されていることが大きな特徴となっています。
頭皮のベタつきなどが気になる方でもしっかり汚れが落とせる洗浄力の高い事が大きなポイントです。
しかし、頭皮を保護する皮脂まで落としてしまうため、頭皮を守る皮脂膜が作れなくなり、頭皮が乾燥してしまいフケやかゆみの原因になる危険があります。
石鹸系タイプ
地肌への刺激や負担が少ないため、高級アルコール系タイプに比べて洗浄力が低めだとされています。
しかし、石鹸系シャンプーはアルカリ性という特徴を持っているため、髪質が弱い方が利用するとキューティクルの剥がれの原因を作ってしまう恐れがあります。
また、きちんと洗い流さないことで地肌に石鹸かすが残ってしまうことで髪の毛の指通りが悪くなる恐れがあることから、きちんと洗い流す事が重要になります。
アミノ酸系タイプ
シャンプーの主成分が天然成分を利用しているので、地肌への負担が少なく洗浄力も高級アルコール系と石鹸系に比べると低い特徴があるため、地肌を守る皮脂を取りすぎてしまう危険もありません。
天然成分が髪にハリやコシを与えるだけではなく、保湿をしっかり行ってくれることから、抜け毛や髪のボリュームに悩む方でも安心して利用することが出来ます。
しかし洗浄力が低いことから、シャンプーの仕方によっては髪や頭皮の汚れがきちんと落ちない可能性があるため、痒みやフケのトラブルを防ぐためにも念入りにお手入れを行うことが重要です。

シャンプーによって髪質が変わる

女性は普段から髪にカラーリングやパーマを行っている場合が多く、ヘアダメージが蓄積している方が少なくありません。
ダメージを受けた髪質に洗浄力の高い物を使い続けてしまうと、キューティクルの剥がれが進行してしまうなど、髪質が変化してしまうため自分の髪質に合わせて適切なシャンプー選びを行う必要があります。
シャンプーには化粧品シャンプーと医薬部外品シャンプーの二種類があります。
化粧品に分類されるタイプは主にヘアダメージなどがなく、髪にツヤを出すなど更に髪質を向上させたいという方に向いているため、ヘアダメージが進行している場合やフケ、痒み、抜け毛、髪のボリュームの無さなどの頭皮のトラブルを改善することは出来ません。
そのため髪質や頭皮を良い状態に仕上げたいなら、厚生労働省が許可した有効成分が配合された医薬部外品シャンプーを利用することが重要になってきます。

医薬部外品の大きな特徴は、有効成分が配合されていることから、症状の防止や頭皮の衛生状態を保つ効果や、フケや痒みを防ぐ効果、頭皮や髪の毛の臭いを防ぐ効果などを期待することが出来ます。
頭皮と髪質のコンディションが良い状態に変わってくれば、頭皮の毛穴に汚れが詰まりにくくなり常に潤いが保たれるようになります。
自然と髪質も太くツヤとハリ、コシのある状態になり年齢とともに細くボリューム感が無くなってしまう髪質の悩みも改善していくことが出来ます。

特に育毛ケアを重点的に行いたいという方には、医薬部外品シャンプーの中でも女性用の育毛シャンプーやスカルプシャンプーと呼ばれる種類を選ぶようにすることで頭皮をケアしながら血行を改善し、毛根から髪の毛に栄養が届く状態にすることが出来ます。